MENU

学科紹介

course03

医療秘書科

全日制 / 2年制

主に目指せる職業
医療秘書
医師事務作業補助
医療事務

熊本県唯一となる日本医師会認定『医療秘書養成校』の申請中!

日本医師会認定医療秘書とは、日本医師会が専門的な医療事務の知識と最新の情報処理技能を兼ね備えた医療秘書を養成のために認定する資格です。蓑成は日本医師会が認定した養成機関で行われ、カリキュラムは、基礎的な医学知識、情報処理、秘書知識、ビジネスマナーまで多岐にわたり、全国の医師が本当に求める医療秘書を養成しています。※2022年度認可申請

29年の信頼と実績でAI時代に
求められる医療秘書を目指す。

チーム医療の一員として活躍する医療秘書を養成

photo01

いのちの現場で、医療を提供する者の一員になるべく、学びを深めます。

医療秘書として医師を補佐するために必要な医学の知識、請求事務、接遇マナー、英会話、パソコンスキル等を身につけます。

チーム医療に大切なコミュニケーション能力を高めます

photo02

医療の知識や技術に加え、心構え・挨拶・身だしなみ・患者応対技術を身につけます。

実践的な指導で、気配り・心配りのできる人間的な魅力を兼ね備えた愛と奉仕のこころを養います。

医療秘書科のPOINT

POINT.1

代表的な3つの資格+YMCAだからこそのスキル

医療事務・医療秘書・医師事務作業補助者の資格取得を目指しながら、コンピュータスキルや、医療英会話の学習も行います。

POINT.2

病院事務職のスペシャリストへ

医療秘書・医師事務作業補助者・病院受付・病棟クラーク・医療事務など、自分にあった多種多様な職種においてプロフェッショナルを目指せます。

取得できる資格

厚生労働大臣許可医療事務技能審査試験(医科)、2級医療秘書実務能力認定試験、医師事務作業補助実務能力認定試験、電子カルテオペレーション実務能力認定試験、医療英会話技能認定、薬学検定、電卓技能検定、秘書技能検定、表計算検定、日本語ワープロ検定、P検・パソコン検定、ビジネス文書検定、サービス接遇検定、ビジネス実務マナー検定

主な就職実績

天草地域医療センター/伊東歯科口腔病院/菊池郡市医師会立病院/熊本回生会病院/熊本整形外科病院/熊本リハビリテーション病院/江南病院/済生会熊本病院/JA熊本厚生連/城北胃腸科内科クリニック/大腸肛門病センター高野病院/西日本病院/杉村病院/服部胃腸科/福田病院/武蔵ヶ丘病院ほか

(五十音順)

医療秘書科 学びのフロー

2年間で医療秘書としてのスキルを身につけられる、YMCAならではの学びのフローをご紹介します! 専門科目を学びながら病院で働くイメージをつかむ! ▶ 医療研究機関病院の機能的な違いを知る ▶ 先輩訪問 医療機関の方の講話 アドバイスをうける ▶ 医療機関実習 指名求人獲得のチャンス! ▶ 検定取得 ▶ 日本医師会「医療秘書」認定

在校生の声

生徒の夢を叶えるために同じ目線で一生懸命になってくださる学校です。

熊本県立宇土高等学校出身/ 熊本県

奥村 愛夏さん

医療事務の職に就いている母親の影響で、将来は医療の現場で多くの命を救うための手助けがしたいと考えていた私。高校を卒業するにあたり、夢の実現のための進学先として選んだのが歴史と実績のあるYMCAでした。授業では医療事務に必要な知識や資格だけでなく、社会で必要なマナーなども学べます。病院見学やテーブルマナー講座などコロナ禍の影響は少なくありませんが、そうした状況の中でもYMCAはオンライン授業や分散登校を実施するなど、私たちが学ぶための環境を整えてくださり、資格取得への影響はありませんでした。学生の夢を叶えるために同じ目線に立って一生懸命になってくださる、YMCAはそんな学校です。学んだ知識を活かし、感謝の気持を忘れずに、医療事務として力を尽くしたいと思います。

卒業生からのメッセージ

YMCAで学んだことを活かしながら医療従事者として活躍の場を広げたいです。

済生会熊本病院/ 医療秘書

医療事務情報管理科(2013年度)卒
国府高等学校 早咲 美郷さん

学生時代に当院で働く先輩の講演を聞いた事をきっかけに、私も同じ病院で働きたいと憧れを持つようになりました。熱意のある先生方が揃っており、資格取得に向けての勉強やビジネスマナーなど、分かるまで熱心に教えてくださるのがYMCAの魅力。そのおかげで、憧れだったこの場所で医療秘書として充実した毎日を過ごしています。現在は整形外科の業務に加えて麻酔科担当として患者さんに麻酔説明を行なっていますが、YMCAで学んだことが活かされる場面が多く、先生方への感謝を忘れることはありません。学生の時に憧れた先輩たちのようになりたいという気持ちは今も変わらないままです。今後も医療秘書として、幅広く活躍できる医療従事者になりたいですね。

同じ目標を持つ仲間と温かい先生方に囲まれ、夢の実現に向かって共に努力できる場所です。

熊本整形外科病院/ 医療事務作業補助

医療事務情報管理科(2017年度)卒
熊本商業高等学校 石田 明日香さん

医療秘書や医師事務作業補助者に必要な知識とスキルが得られ、医療従事者として活躍する際に求められる多くの検定を取得できます。学生時代は、ボランテイアやYMCAリーダー活動にも積極的に参加し、様々な人と協力することの大切さ、人の役に立つことの喜びを実感し、この経験から医師をサポートする医師事務作業補助者を目指しました。勉強だけでなく、様々な活動に参加し、広い視野を持つことができたことが現在の仕事に役立っています。資格取得や就職活動など大変な時期を互いに励ましあいながら、一緒に乗り越えたクラスメートにも感謝をしています。YMCAは素晴らしい仲間や先生方と共に夢に向かって努力できる場所であり、高い就職率や資格取得率がそれを物語っていると思います。

業界人からのメッセージ

青磁野リハビリテーション病院

理事長 金澤 智徳さま

Q 在学中にどのような学びを身につけることを期待しますか。

医療の現場では、医師、看護師、コ・メディカル、事務などの多職種間での情報共有や連携が重要となってきます。そのため、在学中の学びでは医療の知識や技術習得はもちろんのこと、チームとして物事に取り組む高いコミュニケーション能力を養ってほしいと思います。

Q 熊本YMCAで学ぶ学生にメッセージをお願いします。

医療に関わる専門職は、それぞれの専門的視点で患者さんの日常生活への復帰だけでなく、その家族の気持ちも含めてサポートしていきます。ホスピタリティを持って患者さんやご家族を思いやり、信頼と好感を得ることのできる医療人として社会で活躍されることを期待します。